<output id="flr7t"><th id="flr7t"><output id="flr7t"></output></th></output>

          <ins id="flr7t"></ins>
          <delect id="flr7t"></delect>
          <ins id="flr7t"></ins>

          <b id="flr7t"></b><delect id="flr7t"></delect>
          <b id="flr7t"><th id="flr7t"><i id="flr7t"></i></th></b>

          「はやぶさ2」カプセル回収班、豪州へ出発!

          12月6日、いよいよ小惑星探査機「はやぶさ2」が豪州ウーメラ地區の上空にカプセルを放出します。このカプセルを回収するため、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の回収班が11月から順次、豪州入りを始めました。
          JAXAは前回、100人以上の回収班を現地入りさせたそうですが、今回はコロナ禍で渡航そのものが危ぶまれました。
          しかし、日豪の交渉の結果、最小限の人數だけチャーター機で現地入りすることが認められ、今回は計73人でカプセル回収に臨むことになりました。
          このうち6人が當社「カプセル回収光電チーム」です。
          光電チームは11月9日に日本を出発し、無事豪アデレードに到著しました。ホテルで2週間隔離後、癥狀がないことを確かめてからウーメラに移動します。

          この「はやぶさ2」カプセル回収班の出発のニュースは各種メディアでも大きく取り上げられおり、11月6日の毎日新聞デジタル版には、『はやぶさ2が地球に持ち帰る「お寶」回収のシナリオとは』というタイトルの記事が掲載されました。
          この記事の中では、カプセル回収用に設置される當社のレーダーが寫真で紹介されており、カプセル回収の成功率を上げるレーダーへの期待の高さが伺えます。

          畫像1『小惑星「リュウグウ」の試料が入っているとみられるカプセルを探索するため、カプセルに付いた
          パラシュートに電波を當ててその反射波をとらえるレーダー』として毎日新聞で紹介された寫真
          (當社社員撮影)

          ★「カプセル回収光電チーム」からの寫真便り

          畫像5       JAXA宇宙科學研究所がある神奈川県相模原市の掲示板
          帰還の様子を見守るパブリックビューイングを開催予定

          畫像6 11月9日、光電チームが搭乗したチャーター便便名が「8823」で「はやぶさ」となっています!
          これも大切な記念寫真です。

          畫像7
          機內では航空會社から「帰還ミッション成就祈願」のメッセージを頂きました!



          • バックナンバー
          树林里被债主强行侵犯的人妻