<output id="flr7t"><th id="flr7t"><output id="flr7t"></output></th></output>

          <ins id="flr7t"></ins>
          <delect id="flr7t"></delect>
          <ins id="flr7t"></ins>

          <b id="flr7t"></b><delect id="flr7t"></delect>
          <b id="flr7t"><th id="flr7t"><i id="flr7t"></i></th></b>

          「はやぶさ2」カプセル回収光電チーム、ウーメラ地區にて著々と準備中!

          12月6日の「はやぶさ2」カプセル帰還がいよいよ間近に迫ってきました。
          カプセル回収光電チームはコロナ禍におけるオーストラリアでの隔離を経て無事にウーメラ地區に到著し、準備作業を開始しています。
          現地からの報告によると、ウーメラ地區は予想通りの暑さで晝間は45℃を超える気溫にもなっているそうです。このため、體調管理も大切な準備の一つです。チームメンバーと聲を掛け合いながら、水分補給、こまめな休憩を取りつつ作業を進めているとのことです。

          100キロ四方の著地予定地で直徑40センチのカプセルを探し出すのは干し草の中から針を探し出すような難しい作業と言われています。
          當社のマリンレーダーはJAXA?光電の混成チームで運用されます。メンバーは各サイトに展開され、ウーメラ砂漠に設置された複數臺のマリンレーダでカプセルの著地點を探索すべく、著々と準備を進めています。

          カプセル帰還の當日にはYouTubeの「JAXAチャンネル」においてライブ配信イベントが行われます。數々の偉業を達成した「はやぶさ2」カプセル帰還の様子をぜひご覧ください。

          ★「カプセル回収光電チーム」からの寫真便り


          ウーメラ地區に到著した光電チーム
          長時間の移動で少し疲れ気味


          畫像3
          ウーメラ地區の夜空
          右下は街の明かり


          マリンレーダー設営の様子
          帽子、日焼け止めが欠かせません

           ウーメラ砂漠に設置された當社マリンレーダー
          萬全の狀態でその日を迎えるべく著々と準備を進めています



          • バックナンバー
          树林里被债主强行侵犯的人妻